必要な設備|タブレットレジでできること【人気を集めている理由とは】

飲食店に設置するならこんな設備が必要になる

必要な設備

タブレット

本体と端末

タブレットレジ本体は、会計業務を行うときに必要と言われておりこの機器が会計業務を支える役割をしてくれます。また、オーダーエントリー端末はフロアにいるスタッフがお客さんの注文情報をキッチンに伝えるために使う端末機器です。この端末を使うことで、スムーズに注文情報を伝えることができます。

無線のアクセスポイント

タブレットレジやオーダーエントリー端末の情報を、プリンターなどに送信する際中継する機器です。一般家庭やお店で使われているWi-Fiとは異なる電波を使っているため、電波干渉の影響を受けることがありません。そのため、スムーズにキッチンやタブレット本体に情報を伝えることができます。

プリンター

レシートやオーダー伝票をプリントアウトするために必要な機器です。レシートプリンタは、会計する際に使う機器で領収証をプリントすることもできます。キッチンプリンタは、料理などの注文内容をプリントアウトする際に使います。料理と飲み物で出力先を変えることもできます。

管理画面・キャッシュドロワ

管理画面では、メニューの編集作業・売り上げ・お客の情報などを管理することができます。クラウド上で情報管理を行なっているため、端末機器との情報共有や情報伝達がスムーズになります。また、キャッシュドロワは会計時に自動で開閉するためよりスムーズに会計をすることができ、指定されたスタッフ以外は会計作業を行うことができないため、しっかりと金銭管理をすることができます。

便利な機能ランキング

no.1

情報確認機能で楽チン

お店を上手く経営していくためには、売り上げの管理をしっかりと行なわなければいけません。そこで、便利なのが売り上げ管理のできるタブレットレジなのです。ネット環境があれば、何処でも情報確認ができます。

no.2

顧客管理機能で顧客満足度アップ

タブレットレジは、お店の売り上げ状況管理だけではなくお店を利用する顧客の管理もすることができます。そのため、予約状況確認やリピートしてくれるお客の情報もしっかりと管理することができます。

no.3

勤怠管理機能でスタッフの確認

売り上げや、お客の情報以外にもお店で働くスタッフの勤怠状況も確認することができます。誰がいつ出勤しているか、休憩に入っているかの確認もできるため人件費を計算する時に便利です。